【お悩みの方必見】ギャンブル依存性の治療法

弁護士法人イストワール法律事務所
依存症
スポンサーリンク

どうも、ごっつあんです!

今回はギャンブル依存症の治療法について掘り下げていきます!

認知行動療法

人間の気分や行動が、認知のあり方(ものの考え方や受け取り方)の影響を受けることから認知の偏りを修正し、問題解決を手助けすることによって精神疾患を治療することを目的とした精神療法です。
問題を具体的な行動として捉えて行動分析し、解決のための治療目標を具体的に明確にし、どのような体験が必要であるかという考え方をします。観察や定義が可能なパラメータを用いて、治療の効果を検証していきます。

 

森田療法

大正時代に森田正馬が発案した精神療法です。
最初の一週間の「絶対臥褥(ぜったいがじょく)期」というプロセスで、誰とも交流せず、食事や洗面のほかいっさい気晴らしをしないでただひたすら自分自身と向き合います。
こうすることで、それまでの不安や苦悩と直に向き合い、自分の中にある活動欲を自覚し、最終的に日常生活に戻れるよう社会生活の準備をします。様々な「とらわれ」で神経症的状態に陥っている患者を、「あるがまま」というとらわれのない状態に抜けることを目指した治療方法です。

 

内観療法

臨床心理士が面接で行う「臨床心理学」を基礎とした相談・支援の方法です。
家族など自分の身近な人に対しての今までの関わりを、

 

  1. 世話になったこと
  2. して返したこと
  3. 迷惑をかけたこと

 

の3点について繰り返し思い出し、面接者に報告します。うまくいくとやがて情緒が安定し、対人関係の好転や自分らしさを取り戻すことにつながり、依存症が改善されるというものです。

 

薬物療法

ギャンブル依存症患者の脳の興奮を抑えるため、抗うつ剤としても用いられるSSRIなどが使われることがありますが、ギャンブル依存症での薬物の効果は確立されておらず、特効薬はありません。

 

まずは、1人で悩まず、いずれの治療方法を選ぶとしても自分に合った治療施設を見つけ、専門家とともに取り組んで完治を目指しましょう。

http://www.ecal2003.org

Twitterの声

寮美千子 on Twitter
“そもそも「ギャンブル依存症対策」をするとしても、真に有効な治療法が確立されているわけではないのだ。本人も周囲も一生戦わなくてはならない課題。そんな問題があるとわかっていて「金儲け」のためにカジノを合法にしようなんて、日本の政治家は、ヤクザよりタチが悪い。 ”

まとめ

タイトルには「【お悩みの方必見】ギャンブル依存性の治療法」

などといかにも治るようなタイトルで治療法を紹介しましたが・・

ギャンブル依存症の治療は

残念ながら有効な治療法は無いように思います

僕自身もそうギャンブル依存性なのでよくわかっています!

嗚呼

ギャンブルなんてなくなってしまえ!

ギャンブルなんて知らなければよかった!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 

comment

Amazon

スポンサーリンク

U-NEXT

タイトルとURLをコピーしました