【新型コロナウイルス】コロナでライフスタイルが変わる「パラダイムシフト」

趣味・生活

 

3つ密新型コロナウイルスの感染拡大の予防策予防として、「新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために」公表された条件

ウイキペディア

条件が重なるところほどクラスター(集団感染)のリスクが高まる

  1. 換気が悪く
  2. 人が密に集まって過ごすような空間
  3. 不特定多数の人が接触するおそれが高い場所

『飲食店・学校・カラオケボックス・映画館・アミューズメント施設・宿泊業』などの施設は、人との距離を2メートルを開けるために、様々な対策を余儀なくされている。

  • 店舗利用者の入場制限、行列を作らないための工夫や列間隔の確保 (約2m間隔の確保)
  • 換気を行う(可能であれば2つの方向の窓を同時に開ける)
  • 密集する会議の中止(対面による会議を避け、電話会議やビデオ会議を利用)

業界がとる対策と問題点

 

  • 飲食店
  • 学校
  • カラオケボックス
  • 映画館・アミューズメント施設
  • 宿泊施設・観光

 

飲食店

 

今回コロナウイルスの復調への糸口として

飲食業界全体がテイクアウト・デリバリーへシフトする大きな契機となっており

居酒屋などテーブルサービスを基本とした業態でも新しく始める店舗も増えつつある。

問題点

店内の密集を避けるために客との間隔を空けるために本来は10席座れる席が6席しか座れないために、売り上げの低下と経費の増加

学校

 

1クラス2分割

トイレ・給食・分散登校

体育や音楽の授業ができない

カラオケボックス

 

食品調理提供の直接の受け渡しをやめたり

団体の来店での分散

徹底的な消毒などで従業員の負担増で飲食店と同じく、売り上げの低下と経費の増加

 

その他、(映画館・アミューズメント施設・宿泊)

 

入場制限や休館・公園公開延期中です。

 

今後のライフスタイルの予想

 

人々はなるだけ人との接触を避けるため、飲食店・接客業は低迷する。

 

学校は集団を避けオンライン教材などで自宅学習

集会や会合といった多くの人が集まるといった施設は今後減少

 

その代わりに今後伸びる業界もあると思われます。

  • 宅配サービスの「Uber Eate」
  • 動画配信サービス (youTube・VOD・ZOOM)
  • 医療関係 (マスク・医療)
  • オンラインショップ

 

こういった業種は伸びていくでしょうね。

まとめ

今回の、「新型コロナウイルスの感染」の影響で今後、社会の構造は大きく変わってしまうでしょう。

『パラダイムシフト』が起きています。

comment

Amazon

スポンサーリンク

U-NEXT

タイトルとURLをコピーしました