成功者の『苦労話』は違う。『仕事と人生で大切なこと』

稼ぐ

どうも、ごっつあんです!

 

今回は、『仕事と人生で大切なこと』について、これからの考え方について、大切なことを書きます。

仕事と人生で結果を出すには、無理をしないといけない・・・・

仕事とは我慢、努力しないと、大人になって困るよ!

 

こういう考え方を、子供の頃、親や先生に言われて育ちました。

 

成功者の『苦労話』は、違う。

偉人伝や、実業家の本を読むと、苦労して成功した話など書かれています。

エジソンは昼夜を徹して研究に没頭していた、ナイチンゲールは戦火で懸命に看護した。など・・・

 

世の中の多くの人は、苦労しないとうまくいかないと思っている。

本当は、違うんです。

仕事でもなんでも、苦労と思ったらうまくいっていないんです。

 

それは、好きじゃないことをやっていることなんです。

 

エジソンもナイチンゲールも好きなことだから、研究に没頭できたり、危険をさらしてまで戦地で看護をすることが出来たんです。

 

出世した人が言う『自分は成功するのに、こんなに苦労して、大変な時間を過ごした』という話は本当は、成功話と苦労話は違うんです。

苦労話をしないと納得してくれないから、成功と苦労をごっちゃにしているんです。

 

やりたいことを夢中でやると、楽しくて仕方ない。それを続けるとうまくいくようになっているんです。

これが、本当の努力なんです。

苦労を乗り越えたらいいことがある

本当は、苦労していること自体がおかしいんです。

 

努力は必要だけれど、苦しい努力はいらないんです。

 

本当の努力は、やっていて楽しものなんです。

 

『あいつ、高校球児で、甲子園にまでいった。だから、あいつ仕事も出来るだろう・・・』そんなことを、聞いたこと無いですか?

 

でも、仕事しないよ。

 

高校球児は、野球が好きだから出来ただけ。

苦労しているなら楽しくする工夫をする

仕事で苦労していると感じているなら、その仕事を『おもしろいこと』に変えてしまう。

 

今やっている仕事の中で、知恵をだしたり、嫌なことをおもしろくなるよう工夫する。

「仕事をゲームに変えてしまう」

 

僕が、働いている配送の仕事でいうと、仕事早く片付けて今日はなん時間休憩時間をとるという、目標をたてる。

配達先のお客さんを笑わせる、『ありがとう』を一日5回言ってもらうとか結構難しいけど、やってみると楽しいよ。

うまくいかないのは間違っている

でも、もし働いていく中で、

  • 仕事がやり辛い
  • 職場の上司や同僚と相性が合わない
  • 「好きな仕事なのに、働いていると辛くなる」

失敗が続いたり、苦労が続いたりしたときは、今の働き方を見直すことが大切です。

 

それは、今の仕事の「何かが間違っている」というサインかもしれません。

 

「間違った答え」を変えないで、そのまま通そうとするのは良くないです。

間違いに気付いて、改良する、それでもダメならもっと改良を重ねる、うまくいくまで続ける。

 

どうしてもうまくいかなかったら、その仕事を無理に続けなくてもいいんですよ。

仕事していれば問題ないんです。

 

「転職」は悪いことじゃなから、狩りをしていた時代から、男は外へ出て狩りをして来たんです。

 

狩りをする場所は変わっても、狩りをやめるわけにはいかない。

人は食べていかなければならないからね。

 

まとめ

成功者の『苦労話』は違うということ、本当は、やりたいことを夢中でやっていたら、楽しくて、続けていると成功した。

本当の努力はやって楽しいもの、好きだから出来るんです。

 

苦労しているなら楽しくする工夫をする。

 

働かないのはイケないけれど、仕事を変えるのは狩場を変えるだけだからいいんです。

 

ということで、今回は、『仕事と人生で大切なこと』について書いてみました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

comment

Amazon

スポンサーリンク

U-NEXT

タイトルとURLをコピーしました