離婚の原因はダントツの「性格の不一致」だけど本当の理由は違うんじゃね?

弁護士法人イストワール法律事務所
借金問題
スポンサーリンク

こんにちは、ごっつあんです!

現在はトラックの配送の仕事をしながら

ブログで稼いでフリーランスになることを目指しています。

 

詳しくはプロフィールをご覧ください。

プロフィール

 

僕には借金と離婚歴があります

そこで借金と離婚の関係性について気になったので調べてみた

「全国無料対応!ゆっくりしっかり長時間借金相談!!」

 

相談無料24時間受付中 原一探偵

離婚原因ランキング

厚生労働省の「平成30年人口動態統計の年間推移」によると、

離婚件数は20万7,000組、離婚率は1.66%

およそ2分半に1組が離婚しているそうです。

 

 

平成24年度司法統計より

  男性 女性
1位 性格が合わない 性格が合わない
2位 異性関係 暴力を振るう
3位 精神的に虐待する 生活費を渡さない
4位 家族・親族と折り合いが悪い 精神的に虐待する
5位 性的不協和 異性関係
6位 浪費する 浪費する
7位 同居に応じない 家族を捨てて省みない
8位 異常性格 性的不協和
9位 暴力を振るう 家族・親族と折り合いが悪い
10位 家族を捨てて省みない 酒を飲み過ぎる

 

 

平成29年司法統計より

  男性 女性
1位 性格が合わない 性格が合わない
2位 精神的に虐待する 生活費を渡さない
3位 その他 精神的に虐待する
4位 異性関係 暴力を振るう
5位 家族・親族と折り合いが悪い 異性関係
6位 性的不協和 その他
7位 浪費する 浪費する
8位 同居に応じない 家族を捨てて省みない
9位 暴力を振るう 性的不協和
10位 家族を捨てて省みない 家族・親族と折り合いが悪い

平成24年度と平成29年度の資料があったので比べてみても

離婚の原因はダントツで「性格が合わない」

男性の6割、女性の4割が「性格の不一致」を理由に離婚しています。

借金が離婚の原因

借金って案外離婚の原因ではないんだと、

統計をみて思いました。

まあ確かにもし借金が離婚の一番の原因なら

 

とっくに、今の奥さんとも別れてるかな

できれば、子供がいる場合といない場合の統計もとってほしい

 

子供がいるいないでも違う気がします

 

「性格の不一致」が1位という理由は本当じゃないかも?

 

性格の不一致が離婚理由に多いのは

実際と異なるのではないかと僕は思っています

 

最終的に「性格の不一致」が離婚の理由にした方が世間体にもよいから

では?

 

僕の離婚のときもかなり揉めて

というのも浮気とか元嫁の親に疑われたり

パチンコで借金をしていたり

育児に協力的でなかったり

ここまで書くとすべて僕が悪いみたいですが

僕は僕で、家族・親族との折り合いが悪かったり精神的な虐待がありましたからね!

 

 

僕の離婚調停のときも「性格の不一致」が理由だとしたけれど

それは、弁護士に相談して弁護士の方から勧められたからなんです

 

それで本当の理由は・・・?

今だからこうやってブログにかいていますけれど

2人の間には子供がいました

 

別居をして一度おさまったあと

二人目の子供を妊娠している最中に

また別居になり

そのまま離婚調停を相手の親からおこされました

 

その子供が産まれてすぐ

離婚が成立しました。

 

性格の不一致と言うのは後から付けた世間体の理由で

家族・親族と折り合いが悪い

僕の場合の本当の理由は「家族・親族と折り合いが悪い」です。

別居中に元妻の両親に僕に女がいるんじゃないのかと疑われました。

 

夫婦喧嘩は犬も食わぬというけれど

夫婦の間に妻の両親が入ってドロドロの離婚になって終わったように思います

 

浮気していないのに慰謝料200万円払ったし

養育費5万円で離婚が成立しました。

 

別れてから子供に一度も合っていません

今回はちょっとまとまらない文章になりましたが

今までためていた思いを書いてちょっとスッキリしました。

 

離婚問題はものすごく精神的に苦痛でした。

今回は以上です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

「全国無料対応!ゆっくりしっかり長時間借金相談!!」

 

相談無料24時間受付中 原一探偵

 

コメント

Amazon

スポンサーリンク

U-NEXT

タイトルとURLをコピーしました