基本的にはどんな生き方でも失敗は無いから大丈夫!

趣味・生活

こんにちは、ごっつあんです!

 

今回は、それぞれの年代ごとに「自分の考え方の間違っていたこと」

を書いてみようと思う。

20代の自分

 

誰でも言える事なのですが20代はやっぱり若くて元気です。

 

体も良く動くし無理も出来る。

いくらくたびれてしまっても一日寝ればまた元気になる

この頃から自分は歳は歳を取るんだという事さえ分かっていれば、

 

将来病気になったときや働けなくなったときのことを考えて

少しはお金を貯めたほうがいいんじゃないか?

ってことくらい考えるようになる

 

この頃の僕は、若さと言うより未熟さからか

 

自分ではそれが、かっこいいとまで思っていました。

 

何かと言うと、当時僕はたばこを吸っていました。

めちゃくちゃヘビースモーカーでどこでも吸っていました。

たばこを吸わない人の迷惑など微塵も感じたこともなかった、

 

またそれ以上に迷惑なことに僕は、

車の窓からたばこの灰を路上に捨てたりしていました。(最悪)

また、お金に対しても粗末に扱っていてコンビニなどで買物をしたとき

お店の人にお金を出す際にさい銭みたいに

持っているお金を投げつけてだしていました。

 

今思うとめっちゃ恥ずかしい行為ですが、

当時の自分はこれで粋がっていたんだと思います。

30代の自分

 

この頃の僕は、威張っていました。

仕事もベテランになっていたので、

 

自分で考えてかなり自由にしていました。

会社でも一番稼いでいたので誰からも文句は言われませんでした。

 

いわゆる天狗になっていたんだと思う。

 

またギャンブル依存もかなり進んで借金する事にも慣れていました。

 

この頃は集金したお金も使い込んだりもしていました・・・

あと、インターネットのゲームにも夢中になっていましたね。

 

そして、あまりにもギャンブルとゲームに夢中になりすぎて

仕事に身が入らなくなっていました。

 

いつまでもこのまま続くわけないです。

40代の自分

 

借金・倒産・破産を経験し仕事を探して

 

まったく未経験からリスタートすることになりました。

されは・・・41歳の春でした!

 

『元祖天才バカボンの春』の歌詞が頭をよぎります!

この曲が身に染みます!

 

 

お金の底付きを経験して、

とにかくなんでもいいので今すぐ家族と私の生活のため仕事を探す必要もあり

出来そうな仕事から始めました。

そこで学んだ事は、「人は落ちぶれた時お金の尊さを知る」ということです。

たぶんほとんどの人は、落ちぶれた時は「いじけます!」

だけど、いじけちゃいけない!

いじけると、自分で考え行動ができなくなります。

そしてぼくはもともとの考えが楽天家なのだと思う!

この考え方は母親譲りでぼくは、母に感謝します。

失敗から学べること

 

人生は答え合わせの旅

その旅は行動すること

行動すると最初から正しい答えなんかでない!まず失敗する

しかしそれは、失敗じゃなくて間違えているということがわかる答えなんだ!

だからその間違えを直せばいいんだ!

わかると次は失敗しないように改良することができる

間違えを正しては改良することそれこそ学ぶこと!

失敗は学ぶこと

間違えがわかったのだから答えは必ずある。

comment

Amazon

スポンサーリンク

U-NEXT

タイトルとURLをコピーしました