ギャンブルで運勢をさげない【運と運勢】の使い方「幸福と不幸」は存在しない!

弁護士法人イストワール法律事務所
競艇
スポンサーリンク

どうも、ごっつあんです!

 

どうやら、ギャンブルの強い人よりギャンブルによく負けるという人

自分は「ギャンブル運がないんです」という人の方が運勢は良いらしいです

 

ということは、僕はホントは運勢が良いということみたいです

 

なまじギャンブルが強いと仕事がおろそかになったり仕事に身が入らなくなってしまうからというからみたいです

 

ところで運勢が良い自分なのにギャンブルをやり続けて依存症になることで

ギャンブルは弱いはずなのに運勢まで悪くなってしまうということをはどうしてなのか

ようやく理解ができるようになった。

 

それがなぜなのか?その理由がわかってきた

 

ギャンブルをしている時の精神状態に問題があるように思います

 

ギャンブルは、圧倒的に負けるゲームなのに

負けるとイライラして悔しいとか怒りとかのネガティブな感情になる

それが運勢を悪くする原因だと言うことに気づいた

 

そういうネガティブな感情を長い時間思い続けることで運勢を悪くする

そういう感情が長ければ長いほど不幸になるんですね!

 

それじゃあ、どうすれば良いのか対処法は?

それは

負けてもギャンブルができて、うれしい、いくら負けても楽しい、

たくさんお金使えてよかったと感謝ができると運勢は良くなる

 

要はポジティブな感情が運勢を決めるということかな

絶対に負けてもイライラしない。

 

これだけで運勢はよくなる

そして、もしもギャンブルで勝った場合

全部自分が取り込んでしまうと運勢がさがるみたいです。

 

その勝ったお金は楽しく遊んだので、誰かにおごるかあげちゃって手元に残さない方が良いみたいです。

 

すごくシンプルなんだけど

負けることより負けた事で気持ちが沈んでしまうことの方が良くない

 

ネガティブな感情が運勢を下げてしまうということ。

 

「パチンコに負けたから不幸です」という考えは止めましょう

 

ギャンブルは負けて当然なんです

運がないとか言うのも止めましょう

 

自分が使う言葉は自分が1番よく聞いています

 

言葉というものは1度発するともう一度同じ言葉を言ってしまう現象がまた起きてしまうんです。

 

だからネガティブな言葉はもう一度ネガティブな言葉を言いたくなる現象が次々と無限ループで起きてくるんです。

 

そもそも、

この世の中に絶対的な幸せや不幸というものはないということを話します

例えば

コップに半分の水が入っているとします。

 

ある人はコップに半分水が入っている

「ありがたい」と言います

別の人は

なんだ!コップに半分しか水が入っていないのか

「ツイてない」と言います

 

同じものを見ても人って全然感じ方が違うんです

 

「幸福や不幸」は『これが幸福ですとかこれが不幸です』と言った定義がないんですよね。

 

その人しか感じることができないものなんです。

 ギャンブルで負けてお金がなくなって、借金を何度も繰り返しました

でもお金くらいいくらでも稼げば良いこと

別に不幸でもなんでもない

 

comment

Amazon

スポンサーリンク

U-NEXT

タイトルとURLをコピーしました