息子が手作りカレンダーでおじいちゃんの絵を描いたので今日渡しに行きました。

どうも、ごっつあんです!

今日は仕事が休みです

昨日の夜は、代行で最低保証の3,000円稼いで帰って寝たのは、

2時過ぎでした。

二世君が保育園で手作りカレンダーを作ってきました。

どうですか?(^O^)

左側がおじいちゃんなのですが

右はだれ?って聞いたら自分「二世君」だそうです。

このカレンダーを持って昼から二世君を連れておじいちゃんの家に持って行ってきました。

母が亡くなって2か月半経ちます。

父の実家もだいぶ片付いていました。

息子からカレンダーを渡された父は少し照れくさそうだったけれど嬉しそうでした。

さっそく壁に掛けていました。

息子は、母の位牌に線香をあげたいというので火を付けてあげました。

そしてなぜか息子は父に「おばあちゃんは生きているよ!そしてだれかのお腹からまた出てくるよ!」って言っていました。

息子にしてみれば、母を亡くした父のさみしい気持ちをなぐさめてあげるつもりだったのかなぁって思いました。

いろいろ想うところもありますが、僕って説明が下手なんで短く

息子よ、「その優しい気持ち大事にしてくれ!」

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

comment

Amazon

スポンサーリンク

U-NEXT

タイトルとURLをコピーしました