『ギャンブルする人しない人それから辞めた人』

依存症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、ごっつあんです!

今回は「ギャンブルする人しない人それからギャンブルを辞めた人」について調べてみました。

国民はどんなギャンブルを、どのくらいしているのか―時事通信社では、2006年7月7日~10日にかけて「ギャンブルに関する世論調査」を実施した。調査は全国20歳以上の男女2,000人を対象に、面接聴取法で実施され、有効回収数は1,379だった。ギャンブルに該当するものとして競馬、競輪、オートレース、宝くじ、パチンコ・パチスロ、サッカーくじに限定して質問した。

「ギャンブルに関する世論調査」結果の概要

「ギャンブルに関する世論調査」結果の概要| 中央調査報 | 中央調査社
社団法人 中央調査社は、世論調査、市場調査の専門調査機関です。

引用元:中央調査社

この資料は2006年と古いのですがたぶん国民のギャンブルの割合は現在でもそう変わらないと思ったので載せました。

ギャンブルをしたことがあるか?

この1年間にギャンブルを一つでもしたことがあるか、と質問したところ、

「ギャンブルをしたことがある」と答えた人は37.2%、

「以前はしたが、この1年間にはしていない」と答えた人は21.0%で、

ギャンブル経験がある人は合計で58.2

今までまったくしたことがないという人は41.6%だった。

「この1年間にしたことがある」割合は

男性では46.6%・女性では28.3

反対に「今までにまったくしたことがない」

男性で31.2%・女性で51.3だった。

年代別では、30~50歳代でギャンブル経験者の割合が63~67%と高くなっている。

僕は、ギャンブルを一度もやったことが無いという人に会ったのは記憶に1人しかいないのですが・・・

その方は年配の方でしたがかなりのお金持ちの人でした。

ギャンブルに全く興味ないとおっしゃってました。

男性が3割女性が5割の人が一度もギャンブルをしたことが無いということですが

本当はもっと少ないように思いますが・・・疑問です。

ギャンブルをしない人の理由は、はじめからギャンブルは損をすると知ってる!

損するのにやらないでしょ?という理由でギャンブルをやらないのでしょう。

ギャンブルを辞めた人は、ギャンブルをしたら損をした。そしてギャンブルは損をすると知った!損するのにやらないでしょ?という理由ではないでしょうか。

『ギャンブルをしない人と辞めた人』はお金と時間の損もしたく無いからでもあるでしょう

ギャンブルする人(辞めたくても辞めない人)は、ギャンブルをしたら損をすることはわかってると思う

でも辞めないのは、お金と時間よりギャンブルに価値を持っているということでしょう。

その価値はギャンブルをしない人とギャンブルを辞めた人には理解ができないということ

お金と時間以上の価値を認めてあげて下さい。

 

ギャンブルを辞められない人生を諦める。

僕は一生ギャンブルを辞められないだろう

ギャンブルを辞めれる人ならもう辞めているからね!

ギャンブルを辞めなかったその先に何が待っているのか知りたい。

一生かけて・・・

答えは未だ出てない。

タイトルとURLをコピーしました