『これでいいのだ!』困らないように学ぶんじゃなく困ってから学んだらいい。

趣味・生活

どうも、ごっつあんです!

今日は仕事が休みです

相変わらず妻とは必要な事以外は話しをしていません。

昨日の夜、次女が間に入って少し話しをしました。

どうやら僕が離婚したくて

妻から別れてくれと言ってくれるのを待っているのだろう!

って思っているみたいです。

夫婦ってホントになん年一緒にいてもお互いの本心が理解できないもんだなぁ〜

話しを進めていくと子どもの教育のことでも全く合わない!

妻は子どもを心配するのは愛だと思っている。

だから勉強しないとダメ

親の言うこと聞かないとダメ

ゲームして朝起きれないからゲーム取り上げる。

スマホ取り上げる。

これが親の愛だと思っています。

僕は子どもは信じてあげるのが愛だと思っています。

だからやりたいことをやればいい

ゲームしたいんなら好きなだけやればいい。

成績なんて悪くても将来は困らないよ〜って教えいる

だって勉強出来ないと将来困るよって言っている親が

実は困っていない。

将来何に困るかなんて分からないし

困ってから学んだらいいだけ

困らないように勉強させようとしているけれど

人は困ってから学んでも全然遅くない

三女は高校生ですが、その三女は成績が悪く勉強が苦手です。

その苦手な娘に妻は当たり前の勉強をさせようとします。

そして出来ないことになんで出来ないの?って言って娘に自分と比べて娘を追い立てます。

親ってそんなに子どもの自信を失くさせてはいけないと思う。

大丈夫だよ〜勉強が出来なくても、お前はいい子だよ。

素直だから友達もいるしみんなから好かれるってすごい事だよ。

社会に出たら仕事だけ出来たらいいんじゃないからね!

仕事が出来るからって威張ってたら嫌われるだけだからね!

人に優しく出来る方は全然良い事だから

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました