【破産申し立て開始】競売と任意売却どっちがいいの?

借金問題
スポンサーリンク

どうも、ごっつあんです!

僕は平成24年11月に破産が決定しました

手続き開始から破産決定までに約一年かかりました。

その間の話しを今回しようと思います

平成19年に住宅ローンを組んで2510万円の新築の家を購入して

住宅ローンを払いながら破産するまでのあいだ約5年間そこに住んでいました

その時の資料をみると

平成23年12月までの債権残高が2234万円ほど残っていました

破産の申し立てをすると銀行の口座が止められます

生命保険や預金通帳などすべて資産を提出します。

 

弁護士に頼み破産手続きをはじめると

 支払いはストップします。

住民税も固定資産税も滞納しました。

補足

(税金は破産しても免除されないみたいです。)

一度住宅ローンを組んだ信用金庫に家のローンは払うので

住み続けるわけにはいかないか相談に行きましたが

断られたので

家のローンも滞納したまま住んでいました。

 

10か月ほど経っても何も変化なくローンを滞納し住み続けていたのです

しかし、いずれはわが家を強制退去になることは分っていたので

 

弁護士にこのままいつまで住み続ければよいのか

相談をしました。

答えはどっちでも良いと言われました。

なんちゅうええ加減な・・・って思ったけど

任意売却の方が高くうれて少しでも債権回収出来るんじゃない?って聞いたら

まあね!

と言う感じの返事でした。

僕は、固定資産税と住民税の未払いもあるし引っ越し代もないので

どうにかならないですか?

って相談したら

わかりました。知り合いの不動産屋に、任せてくれたら

「引っ越し代」と「税金の未払い」はどうにかしましょう

と言ってくれたので

任意売却に決まりました。

最終的に家は2030万円で売りに出されていました

そして、平成24年12月に住宅ローンを組んでいた信用金庫から抵当権設定契約書と

受領書(金額18,722,544円)と書かれた書類が届きました。

 

僕たちは任意売却というやり方をしたおかげで

引越し代と税金の滞納分を捻出できました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました